釣果情報頂きました♪ Part.2

query_builder 2021/08/18
ブログ
IMG_0234

当店のお客さま、市川さまより釣果写真いただきました。

推定75kgほどだそうです。

おめでとうございます(^^♪


<参考 ジギング タックル DATA>

ロッド:マニアフェローズ 48

リール:マーフィックス S5

ライン:オッズポート5号

リーダー:ショックアブソーバーS&S 115lb

ルアー:スパイナロー 700g

フック:当店オリジナルフック!

https://fishing-growth.shop/shopdetail/000000006171/ct13/page1/order/


IMG_0236

がっつり、カンヌキに刺さってます!

針はヤマイのステキ針、ハイパワー ファイター 幻 叩4/0です。

ヤマイさんが練りに練って考えだした信頼のおける針です(^^♪

https://yamai-suteki.com/product/salt_water_fishing/jigging_hook/145/

IMG_9676

これを スロージギング 用に合わせたのが当店のオリジナルアシストフックになります!


さてここで、グロース的アシストフックの見解です。

(あくまでも当店の考え)

デカい魚を捕る=デカい針

ではありません。

ルアーフィッシングは針を大きくする→×


餌釣り、泳がせ釣りなんか針は、小さいですよね。

マグロのイカ泳がせもそうです。

餌が動くように針を小さくする→ありがち間違いではないです。

本来の目的は、餌を飲み込ませて(海水を吸う)、泳ぎだす・咥えて反転する際に

針をスライドさせてカンヌキに掛ける!これが目的です。


ジギングの場合も、吸い込む力が強い魚、特に青物なんかは、ルアーを飲み込ませて、泳ぎだす・反転する際にに針をスライドさせてフッキングさせます。

ですので、大きなアワセも必要なくむこう合わせで十分フッキングします。(大合わせはバラシの原因です( ゚Д゚))





IMG_0546 (2)

ジギングにおいてアシストフックは抵抗物でしかありません。


アシストフックが着いていないジグと着いているルアー、

水中で動かしたら動きは全く違います。(ぜひやってみてください)

針を大きくする、アシストラインを太くする、

それだけでルアーの動きは悪くなるでしょう。

魚が沸いているようなところでしたらあまり関係はありませんが、

シビアな状況になればなるほど釣果は如実にあらわれてきます。

魚を捕るには、まず掛けるところからですよね(^^♪


そこで一番重要なのは、アシストフックの限界強度を知っておくこと。

といってもなかなか調べないと思いますので…

当店の『オリジナル クロマグロ/キハダ 用 フック 3.5cm』

こちらは約18kgくらいで曲がり始めます。

『オリジナル ビンチョウ/キハダ 用 フック 3.5cm』

こちらは約14kgくらいで曲がり始めます。


要は、10kgくらいのドラグでファイトしてても何ら問題はないということです(ジギングではそんな掛けないと思いますが)

IMG_8961

当店では、年間を通して様々な釣行会を催しております。
(現在コロナ下でだいぶ中止にはなっておりますが…)


魚種に合わせた釣法・タックル選び等も、ご必要であればアドバイスしますョ(^^♪

当店の釣行イベント、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

ご連絡、お待ちしております(^^♪

NEW

  • 12/1 入荷情報です(^^♪

    query_builder 2022/12/01
  • 新商品入荷情報 & 自社通販サイト1周年記念お年玉企画の告知

    query_builder 2022/11/14
  • 中深場五目釣行

    query_builder 2022/11/04
  • 久米島遠征釣行ツアー

    query_builder 2022/10/27
  • SPY-N コジャントFOCUS-M10 大量入荷 (`・ω・´)

    query_builder 2022/10/18

CATEGORY

ARCHIVE